内需をも連鎖で拡大させる

会社

外国人観光客の恩恵

インバウンドとは、内需に対して海外からの外需によるものです。外国人旅行者が日本に来ることでインバウンド需要が拡大します。交通機関や、ホテル業界などが恩恵を受けることになります。為替相場の変動なども影響して年間の訪日外国人の数は年々増加しています。政府は2020年の東京オリンピックを視野に入れて今の二倍の数のインバウンド需要を狙っています。それにともない、少なくなる宿泊先の確保のため、相次いでホテルが建設されるようになっています。今やホテルの価格は、高騰化するとともに、それでも数は足りずビジネス顧客が宿泊先を探すのに苦労するなどの話題も上がっています。インバウンド需要は国内の内需にプラスアルファに働きます。そのため、需要が大きくなればなるほど経済は潤うことになります。また、インバウンドの効果につられて内需も拡大します。ホテルの例であれば、高騰化により内需の金額も拡大していることになるのです。インバウンド需要は長い年月で見れば拡大しつつありますが、ここ数年は横ばい傾向にあります。旅行需要は拡大しつつありますが、最も影響を及ぼす中国の観光客が少し薄らいでいることが要因となります。バク買いなどと称される消費行動もいったん、落ち着きを見せており、需要の頂点は超えているのが現状です。インバウンド需要はその時の景気などによって変動する要素が大きいことには注意しておく必要があるのです。そのため波に乗り遅れないことが大事なのです。